たばこは止められないと思っていたらやめられない?

たばこ。

自分も昔は吸っていました。

今は吸っていません。

タバコを吸う友達って少なくなりましたね。

結構みんなやめていきます。

普通に禁煙成功という感じで。

そういう私ももう10年以上前にやめました。

自分の場合は、少しづつ本数を少なくしていきました。

例えば、一日の中のこの時間は吸わないとか、この人といる時は吸わないとか決めて。

そんな感じでだんだんと一日の本数を少なくしていっいったのですが、完全に吸いたいという気持ちがなくなるまでは、かなりの年月がかかったと記憶しています。

禁煙していても例えば、お酒を飲んでいたら吸いたくなります。

で、調子に乗って一本吸います。

でも次の日からはまた吸いません。

そんな生活を結構続けていたと思います。

そんな感じで続けていくと、だんだん意識の中からたばこを失くしていきました。

もう今は全く吸いたいと思いませんし、意識の中にないという感じです。

で完全に吸わなくなると、タバコって結構不潔だと思うようになります。

口の中、髪の毛や服の臭い、指のにおいとか。

禁煙するとタバコを吸わない人のたばこに対する認識が分かるような気がします。

昔って禁煙を成功したら、すごい!みたいなのがありましたが、今はどうなんでしょう。

タバコがなかなかやめられない要因って、なかなかやめられないと思っているからのような気がします。

今はまわりでも多くの人が普通にやめるので、止められないものという認識も薄くなっていているでしょうね。

別に普通にやめられると思っている人は、あっさり禁煙しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です